24時間365全国対応 無料

自己破産に年齢制限はあるの?若い人でも自己破産はできる

2021.08.14 更新

「自己破産って何歳からできるんだろう?」 「若いうちに自己破産してしまったら、その後の人生大変なんだろうな」 自己破産には、年齢制限がありません。20代から70代まで、幅広い年齢層の人たちが自己破産手続を行っています。借金に悩んでいる人は、年齢に関係なく大勢存在しているのです。 今回は、自己破産手続の年齢に関する疑問や若いうちに自己破産するとどのような影響がでるのか詳しく見ていきたいと思います。

いくら減らせるか知りたい!
1分で借金減額診断する

借金減額診断とは?

3つの質問に答えて無料いくら減額できるか診断できるツールです。

  • 匿名での回答可能
  • 3問を選択するだけ
  • 年間21万件以上問合せ・相談実績がある弁護士事務所が運営

自己破産に年齢制限はない!

自己破産という手続きに年齢制限はありません。 いくつになっても自己破産の利用は可能です。

ただ、年齢制限がないからといっても、年を重ねれば重ねるほど自己破産の利用が困難になる可能性はあります

若いうちに自己破産したらどうなるの?

では、若いうちに自己破産した場合はどうでしょうか?

若いうちから自己破産してしまうと、将来を棒に振ってしまうのではないか?人生のやり直しは効くのだろうか?と不安になる方が多いのも事実です。

若いうちから自己破産することで、本来支払っていくはずだった借金をすべて貯金に回すこともできます。単純に5年かけて300万円の借金を返済する予定だった方が自己破産すれば、5年後には300万円の貯蓄ができる可能性もあります。

「でも、そんなにいいことばかりではない。結婚や就職に影響があるのでは?」と考える方も当然いらっしゃいます。

まず、結婚の際に過去の自己破産の事実を告げる必要はありませんし、それは就職の際も同様です。自己破産というのは、履歴書などにある賞罰欄(過去の表彰や前科歴を記載する欄)に記載する必要はないため、経歴詐称には当たりません。

確かに、自己破産することで5~10年間はクレジットカードの保有やローン審査に通れなくなってしまいます。しかし、これらはいずれ解除されますし、将来的に住宅ローンを組むことも可能になります。

なかなか若いうちに自己破産には踏み切れない方が多いのも事実ですが、自己破産という選択肢もあるということも覚えておくとよいでしょう。

借金減額診断とは?

3つの質問に答えて無料いくら減額できるか診断できるツールです。

  • 匿名での回答可能
  • 3問を選択するだけ
  • 年間21万件以上問合せ・相談実績がある弁護士事務所が運営

2018.04.05 公開

関連記事

借金に時効はある?時効成立の仕組みを解説

目次借金にも時効はある!「消滅時効」とは借金の時効が成立する要件借金の時効が成立するのは5~10年時効を成立させるためには…

自己破産で税金や保険料を免責したい!払えず滞納するとどうなる?

目次自己破産をしても滞納していた税金は免責されないって本当?税金や保険料などが免責にならない理由どうしても払えない…税金…

自己破産すると生命保険や学資保険は解約?健康保険料は免責の対象か

目次【自己破産時に注意】掛け捨て型と積立型の生命保険の違い解約返戻金が20万円以上だと生命保険は差し押さえ解約返戻金が20…

自己破産すると退職金はどうなる?

目次自己破産しても退職金はもらえるの?すでに退職金を受け取っている場合は財産と見なされる退職金を受け取っていない場合は…

自己破産すると家を失う?家を残して借金を整理する2つの方法

目次自己破産すると家は例外なく手放すことになってしまう家を残すためのウラワザはない。よくある3つの勘違い持ち家を残せる!…