24時間365全国対応 無料

妊婦で借金がある人必見!妊娠中こそ債務整理の相談をすべき

2021.08.14 更新

妊娠して働けなくなった。借金を返済できない・・・
家族に借金を隠しているから、誰に相談したらいいかわからない

妊娠はおめでたいものですが、生活が大きく変わってしまいます。出産後の養育費や医療費などもかかるので、借金の返済も難しくなってしまいます。

特に借金していることを家族にバレたくない、という方は誰に相談したらいいかわからず一人で悩んでしまうこともあるかと思います。

借金への不安を抱えながら出産・育児をすることはとても辛いものです。

今回の記事では

  • 妊娠をしていて借金を払えない場合の解決方法
  • おすすめの相談先

を紹介します。

早く解決して、落ち着いたマタニティライフを送りましょう。

いくら減らせるか知りたい!
1分で借金減額診断する

この記事のポイント

残念ですが、妊娠中だからといって借金の返済に特別な配慮などはしてもらえません。
滞納をすれば、カード会社や金融会社から電話や郵便で督促されますし、滞納が長引くと、 裁判を起こされて差し押さえられるケースもあります。

そのような状況になる前に、借金問題で苦しい妊婦の方は ひとりで抱え込まず弁護士や司法書士に悩みを相談してみてください

妊娠中のあなたにとって最適な、返済計画が立てられるかもしれません。

妊娠中であっても借金の返済は待ってくれない

妊娠中で働けなくなり、生活費が足りなくなった影響で借金の返済が苦しい場合があると思います。

そんな時、貸金業者など債権者にお願いをすれば返済を待ってくれるなど配慮はしてもらえるのでしょうか?

残念ながら一切の配慮はなく、変わらず返済は続けないといけません
貸した側にしてみれば、借金した人が妊娠しているからといって借金の支払いを待つ理由にはなりませんからね。

そうなんですね。
借金を返済できなくなってしまった場合、誰に相談すればいいのでしょうか?

ひとりで悩まずに弁護士や司法書士などの相談を利用してみるとよいでしょう。

法律事務所の中には無料相談に応じてくれるケースもあります。
妊娠すると生活費だけでなく、医療費や出産後のベビー用品など、何かと出費がかさむことになります。
借金によるストレスをを軽減するためにも、まずは専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

【注意】滞納した借金の督促に応じないと一括請求される

妊娠中に借金を滞納してしまうとどうなってしまうんですか?

妊娠していないときと同じで、借金を滞納すると、カード会社や金融機関から電話や郵便で支払いの督促されます。

ではやっぱり、妊娠中で借金を滞納した場合であっても、放っておくと、そのうち内容証明郵便で一括払いの請求が届くんですね。

そうです。
さらにその一括請求も放置していると最終的には裁判を起こされてしまいますよ。裁判が起こって判決が出ると、財産を差し押さえられてしまう可能性があります。

差し押さえについては「【裁判所からの差押通知は弁護士もお手上げ?】差押通知や予告通知への対処法」で詳しい内容が書かれているので参考にしてみてください。

妊娠中でも『債務整理』であれば借金を解決できる

このように妊娠していても、お金を貸した側の業者からは基本的に特別な配慮はありません。

もし借金問題で悩んでいて返済ができないなら、一度ご自身の借金状況を弁護士・司法書士に相談して、早期に「債務整理」することをおすすめします。

債務整理」ですか。
妊娠中でも債務整理はできるのですか?
債務整理する際に、特別に何か気をつけるべきことってないんですか?

妊娠中であっても債務整理は可能です

特に妊娠中の方に大きなメリットとなるのは、債務整理の手続きを始めると、貸金業者への返済が一旦ストップするということです。
手続きが終了するまで(数か月~半年程度)は返済しなくてよくなります。

ちなみに債務整理をして借金を減額できたら、どのくらいの期間で返済するのでしょうか?

利息をカットして、月々の返済を無理のない範囲にする任意整理では手続き後3~5年ほどかけて返済していくことになります。

【おすすめの相談先】弁護士・司法書士事務所の無料相談を利用しましょう

借金の返済が苦しい時に相談できるおすすめの窓口はありませんか?

法律のプロである弁護士や司法書士事務所への相談がおすすめです。

借金に関わる相談であれば無料としている事務所も多くあります。相談時には、自身の借金や収入の状況だけでなく、育児休暇の期間についてや出産直後の状況についても話してみましょう。それを基に最適なプランを提案してくれると思いますよ。

フリーターや専業主婦でも債務整理は可能なので、まずは弁護士・司法書士に状況をお話してみてください。

そうですね、法律の専門家なら、適切なアドバイスしてくれそうですもんね。
無料相談を利用してみるのがいいですね。

そのとおりです。ぜひ相談だけでも気軽に利用してみてください。

関連記事

女性が借金返済するのは難しい?体験談をもとに将来リスク、解決策…

目次収入と支出から見る「女性の借金返済」の難しさ女性の借金返済事例、3つのケーススタディー離婚をきっかけに100万円の借金…

借金が減らないのはなぜ?解決策や任意整理が有効な借金について解説

目次消費者金融やキャッシング……借金が減らない理由とは?利息が高く、元金の返済が終わらない毎月の返済額が少なく、長期間返…

借金完済の方法次第で信用情報に傷がつく?任意整理も一つの手段

目次借金を完済できる人の特徴と傾向借金完済への第一歩は、現状を正確に把握すること現在の「借金額」を把握する現在の「収支…

医療費が払えずに借金…入院や手術による借金を返済する手段はある?

目次医療費支払いのために、カードローンや消費者金融で借金した場合の救済措置医療費の払い戻しがある「高額療養費制度」払い…

借金を返さないのは詐欺?罪に問われるケースや正しい対処を解説

目次借金を返済できなくても詐欺罪にはならない「詐欺罪に問える」という主張は正しいか詐欺罪が成立するための条件とは「民事…

キーワード一覧