24時間365全国対応 無料

借金が払えないとどうなる?手遅れになる前に取るべき対処法

2021.08.14 更新

「借金が増えてしまい、毎月の返済が苦しい」

お金を準備しようと努力したが支払日までにお金を準備できない状況になってしまった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

借金を滞納してしまうと、督促状が届くようになることに加えて遅延損害金がかかってしまうためますます借金が増えてしまいます

「払えない」と悩んだら、手遅れになる前に返済計画を見直す必要があります。

弁護士や司法書士に依頼することで利息などをカットし、借金を減らせる可能性のある方法もあるので検討してみるのもいいかもしれません。

このページでは、

  • 借金を返済しないでいるとどうなってしまうのか
  • 借金をどうしても返済できないときの解決方法

をご紹介します。

いくら減らせるか知りたい!
1分で借金減額診断する

この記事のポイント

借金の返済が厳しいという方のために、債務整理という方法で借金を減らすことができます。

以下で詳しく説明します。

借金が払えないとどうなる?滞納が続くと借金が増えるのはなぜ?

「借金が払えない…」これからどうなってしまうの?

借金の督促流れ
借金滞納からの期間 督促などの状況
滞納してすぐ〜1ヶ月目 電話による督促が行われる
滞納して約2~3ヶ月 内容証明郵便※で督促状が届く
遅延が長引き、何も連絡せずに無視する 裁判所からの支払督促や差押えなどの可能性がある

※内容証明郵便…郵便局に記録が保管される特別な郵便

期限までに借金の返済がなされなかった場合、消費者金融などでは電話や郵便による督促を行います

本人への連絡では回収できないと判断されると、裁判所を通した手続きに移行する場合もあるようです。

具体的には簡易裁判所から支払督促が送られてきます。
支払督促も無視していると、債権者(貸金業者)の主張が認められ支払督促が確定します。
つまり、差押えが可能となるのです。

こうして、すべて無視(放置)した場合には、半年~1年程度で差押えになってしまう場合もあるのです。

遅延損害金や利息で借金が増える?滞納してはいけない理由

借金を滞納すると、借金が増えてしまうというのはどういうことでしょうか。

借金を返済日までに払えないと遅延損害金がかかるためです。

遅延損害金は、借金などの返済を滞納した場合に発生する利息のことです。

遅延損害金は利息の計算と同じように、年率で日割り計算をします。
よって、遅延した日数が増えれば増えるほど、遅延損害金の金額は上がっていきます

どうしても借金が払えないときの解決方法の一つ「債務整理」

債務整理とは一言でいうと「借金の免除や利息カットをして、借金問題の解決できる可能性のある手段」のことを指します。

債務整理手続きには、任意整理、個人再生、自己破産の3種類があります。
(※裁判所が貸金業者とお金を借りた人の話し合いを仲裁し、返済方法などについて合意が成立するように働きかける、特定調停を含めて「4つ」と説明する場合もあり)

【手続き別】債務整理のかんたん説明
任意整理 貸金業者との交渉によって、利息をカットして月々の返済額を見直せる可能性がある。
裁判所を介さないことなどから、リスクやデメリットが少なく、最も利用者が多い
個人再生 裁判所を通して、3年~5年程度でで完済できる金額に借金を圧縮できる可能性のある手続き。
継続した収入を得ていることが条件。
自己破産 裁判所に借金の返済ができないことを伝えることで、返済が免除になる可能性のある手続き。
借金はなくなるが、自分の財産の一部がなくなるメリットもデメリットも大きい手続き。

実際に、どの手続きを選ぶかは、ご自身の収入や借金額などによって変わります。

債務整理すべき4つの基準

借金を解決したいけど、債務整理するべきなのかわからない

そんな方のために、債務整理をする上で目安となる4つの基準について紹介します。

借金問題を解決すべき基準

  • 借入額が年収の3分の1以上
  • 借金を別の会社で借りて返済する自転車操業状態
  • 毎月の返済が苦しく滞納しがち
  • 支出を抑えるのも収入を増やすのにも限界を感じる

上記に一つでも当てはまる方は、返済計画を見直す必要があります。

債務整理をすることによるメリットやデメリットはそれぞれの返済状況によって異なるため、お悩みの方は弁護士や司法書士の無料相談もご検討ください。

【借金はいつか返せる】カードローン、事業失敗、リボ払いの借金返済体験談

以下では、借金返済の体験談を3つご紹介します。

銀行系のカードローンを任意整理

借入先業者名
  • トモカ
借入額
180万円
借入期間
4年4ヶ月
毎月の返済額
5万円
滞納状況
なし

銀行系のカードローンは、借金の感覚なしで使いすぎてしまいます。クレジットカードの残高を「使える金額」と考えると、限度額まで使ってしまいカードの支払いをカードで返すという悪循環に陥ってしまいます。

少しだけならという軽い気持ちでショッピングのために借りたのが借金のきっかけです

給料の振り込みをするための銀行口座を新規で開設したとき、カードローンに申し込む事を勧められました。暫くの間は使わずしまったままになっていたのですが、ある時どうしても欲しかった洋服を購入するために初めてお金を借りる事に。

給料日前だったので、給料が入ったらすぐに返済するつもりでした。最初の借金は給料振り込みとともに返済をしたのですが、カード1枚で簡単にお金が借りる事の出来る気軽さから、欲しいものが見つかるとちょくちょく利用するように。

私の買い物は高額なものが多かったので、数回の買い物で借金の額はあっという間に膨らみましたが、借金を重ねているという感覚は殆どありませんでした。

180万円の借り入れになり、月々の返済は5万円でした

家賃並みの金額を月々返済するという事はとても大変でした。

実家暮らしだったので生活費は一人暮らしほどかかりませんが、実家にもお金を入れていたので、そうした必要経費を差し引くと手元には殆ど残りません。

当然現金が不足する訳ですから、新たに借り入れをし、借金が膨らみました。貯金は全くできない状態でしたので、いざというときの蓄えもありません。親にはそれになりにまとまったお金は貯金出来ていると嘘をついていましたので、大きくお金が必要な事態になった時にどうしようかと不安も感じていました。

月々の返済金額が減り、支払いが楽になりました

消費者金融からの借金ではなかったので、債務整理の対象になるのか不安を感じながらも弁護士に相談してみました。

月々の支払い金額が自分の収入の範囲では限界に達していたからです。

結果としては任意整理ができ、月々の返済が5万円から2万円に減額。これなら月々の返済も楽になりますし、わずかながら貯金も出来ます。口座が凍結される前に残っているお金をおろしておく事など、銀行系のローンならではのアドバイスも事前に貰えたので、残っていたお金も失わずに済みました。

これで少しはまともな生活を送れます。

返済が楽になり、貯金ができるようになった

親に知られる事なく借金問題が解決でき良かったです。

このまま借金を背負っていたら、さらに問題をこじらせ、大変な事態になっていたと思います。秘密にし誰にも知られない状況だと、自分に言い訳をしてしまい、本当の解決にはなりません。専門家に助けてもらう事は何よりも大きな力になると思います。私の場合がそうでした。

専門家ならではの的確なアドバイスを貰えたおかげで傷が小さいうちに解決が出来ましたし、受ける影響も最小限で済みました。

今回の件でカードローンは使えなくなってしまったので、安易に借金出来る環境が無くなり、同じ問題を抱えずに済みます。

自営業が失敗して、多額の負債を背負う

借入先業者名
  • アコム、アイフル、プロミス、レイク、モビット
借入額
400万円
借入期間
3年9ヶ月
毎月の返済額
10万円
滞納状況
なし

大きな借金を抱え、どうしても返すことができない!という借金は自己破産で免責してもらうことも可能です。
自己破産は年間7万人が利用する手続きです。追い詰められる前に、一度「自己破産」も検討してみましょう。

自営業が失敗し、その際払いきれなかった借金の返済のため消費者金融に手を出す

軽い気持ちで始めた自営業で大失敗し、1,000万円以上の大量の借金を背負うこととなってしまいました。

先のことを全く考えず、ただ「楽しければいいや」という思いで始めたのが間違いだったので自業自得なのですが、その借金は当時住んでいた家や遺産で譲り受けた田舎の土地を売っても払いきることが出来ませんでした

その時の私はとにかく自営業の失敗で作り出してしまった残りの借金を返すことに必死になっていたため、あともう少しだからと消費者金融数社から数十万もしくは百万ちょっとずつまた借金をしてしまいました。

アコム、アイフル、プロミス、レイク、モビットから20~110万の借金。月10万程の返済

一緒に頑張って働いてくれていた家内が過度の疲労と精神的ストレスから倒れ、働けなくなってしまいました。

滞納状態にならないよう毎月必死になって返済をしていましたから、食事の出来ない日もありました。
就職したばかりの息子に仕送りをしてもらうような、父親として非常に情けない状態でした。

自己破産で借金が帳消しになり、やっと肩の力を抜くことが出来ました。

仕事場近くにある弁護士事務所に通い自己破産をした結果、今まで抱えていた借金が全て帳消しになり、普通に毎日3食の食事をすることの出来る日々が返ってきました。

その頃の私の家庭には財産と呼べるものが一切存在しなかったため、気が付いたら終わっていました。

毎月の借金返済のために毎日毎日必死になって早朝から深夜まで汗水たらして働いていましたが、返済する借金が自己破産したことで無くなったため、仕事の量も無理のない程度まで減らすことが出来ました。

仕事量を減らせたので精神的な余裕が持て、家内にも優しくできるようになりました

完全なる自転車操業をしてしまっていたにもかかわらず、自己破産という形をとるに至るまでその事に全く気付けていなかった自分の金銭感覚や見通しの無さに気が付くことが出来ました

田舎で一人で暮らしている母や家内の実家などに自己破産したことを知られたら余計な心配をかけてしまうと思っていましたが、知られるようなことは無かったので本当に良かったです。

これからはもっと先のことを考えてから一つ一つ行動しなければいけないと強く思いましたし、家内や息子にも感謝しながら生きていこうと決意することが出来ました。

リボ払いでショッピングにはまり、返済のためにキャッシングを…

借入先業者名
借入額
150万円
借入期間
5年8ヶ月
毎月の返済額
3万円
滞納状況
なし

リボ払いはクレジットカードの初期設定になっている場合が多いですが、どんなに使っても毎月同じ金額しか引き落とされないので、借金額が大きくなってしまうことが多いです。

リボ払いでショッピングにはまり、返済ができなくなってキャッシングして借金を増やしました。

社会人になってはじめてクレジットカードを作り、そこでどうしても毛皮のコートがほしくてカード払いにして、さらにリボ払いをすすめられました。

毎月、一定の額を返せばいいと言われて、楽だと思ってそうしました。

この時には利息の高さというものを知らず、ただ毎月一定の額で返せると思い込んでました。

しかし毎月の返済額が少なく買い物を続け、気付いたら返済が厳しくなりキャッシングをしてリボの返済にあてるという手段に出てしまいました。

イオンカード100万円、アコムから50万円、月々3万円の返済

リボ払いの怖さを知らず、毎月一定の額だけ返済すればいいと思い込んでショッピングを続けていった結果、限度額である100万円まで達してしまい、返済が厳しくなりました。

返済を止めてしまっては怖いことになると思って、キャッシングにも手を出して、多重債務となりました。

借金の総額が減って返済ができました

毎月一定の額を返済しても一向に借金がなくならず、生活は厳しく、そんな中で病気になって仕事ができなくなりました。

返済のお金が無くなり、仕方なくキャッシングして多重債務になって、精神的に参ってしまいました。

そんな私を見て親が悩み事はないかと訪ねてきて、お金がなくリボ払いにして借金ができたと話して、最終的に弁護士さんに相談することになりました。

病気がまだ治っておらず収入が得られない状況から、個人再生をすすめられてお願いして、借金の総額が大きく減額しました。その後に親の助けもあって、なんとか返済をすることができました。

自分自身も在宅勤務という方法を教えてもらい、毎月1万円ずつですが少しずつ返していって、時間はかかりましたが返済することができました。

もしも相談していなかったら、自分一人で変な方に考えてしまい、次はキャッシングの返済のためにキャッシングするという方法を取っていたかもしれません。法律に頼ることも大事だと知りました。

関連記事

女性が借金返済するのは難しい?体験談をもとに将来リスク、解決策…

目次収入と支出から見る「女性の借金返済」の難しさ女性の借金返済事例、3つのケーススタディー離婚をきっかけに100万円の借金…

借金が減らないのはなぜ?解決策や任意整理が有効な借金について解説

目次消費者金融やキャッシング……借金が減らない理由とは?利息が高く、元金の返済が終わらない毎月の返済額が少なく、長期間返…

借金完済の方法次第で信用情報に傷がつく?任意整理も一つの手段

目次借金を完済できる人の特徴と傾向借金完済への第一歩は、現状を正確に把握すること現在の「借金額」を把握する現在の「収支…

医療費が払えずに借金…入院や手術による借金を返済する手段はある?

目次医療費支払いのために、カードローンや消費者金融で借金した場合の救済措置医療費の払い戻しがある「高額療養費制度」払い…

借金を返さないのは詐欺?罪に問われるケースや正しい対処を解説

目次借金を返済できなくても詐欺罪にはならない「詐欺罪に問える」という主張は正しいか詐欺罪が成立するための条件とは「民事…

キーワード一覧